「ことりのむーすけーき」「ぶたさんむーすけーき」(セブン-イレブン)試食

| コメント(0)
↑ 「ことりのむーすけーき」「ぶたさんむーすけーき」
↑ 「ことりのむーすけーき」「ぶたさんむーすけーき」


先日【「ことりのむーすけーき」「ぶたさんむーすけーき」2月27日から全国のセブン-イレブンで発売決定】で発売確定報をお知らせした、セブン-イレブンの素敵スイーツ「ことりのむーすけーき」「ぶたさんむーすけーき」。本日2月27日からの発売ということで、時間をざっくりと取って早速調達......しようとしたのだけれど、一店舗目では品切れ、二店舗目では入荷せず、ようやく三店舗目で確認。本日発売ということを店員さんに確認した上で、双方とも購入。ぶひぶひぴよぴよと声が聴こえてきそう。

↑ 「ことりのむーすけーき」「ぶたさんむーすけーき」双方を並べてみました。五百円玉はサイズ比較用
↑ 「ことりのむーすけーき」「ぶたさんむーすけーき」双方を並べてみました。五百円玉はサイズ比較用


サイズは大よそ直径70ミリほどで、「ことりのむーすけーき」「ぶたさんむーすけーき」双方とも同程度の大きさ。カバーを取った時の香りはぶたさんの方がやや甘味が強い感。表面部分にいちごムースが露出しているからなのだろう。つるつるの豚の皮膚感が良く再現されている。耳の部分のへこっと垂れているところ、独特のお鼻、目の愛らしさも商品サンプル写真とほぼ同等。

「ことりのむーすけーき」は表面がスポンジケーキなんだけど、このもふもふ感がまさにひよこそのもの。目の愛らしさも非常によくできているし、くちばしのアクセントもキュート。素材の組合せの冥利を再確認できる次第。

味は......というか、スプーンを入れるのが非常に惜しいというか可愛そうでちょいと難儀する。「ことりのむーすけーき」は表面のもふもふ部分のスポンジケーキが非常に薄く、思った以上にあっさりと中のムースにスプーンが入る。そして内部に突き進んでいくうちに、ざっくりとしたクランチホワイトチョコクッキーがスプーンに当たり、口に運んだ時に新たな食感をえさせてくれる。

「ぶたさんむーすけーき」はぷりぷりの表面へのスプーンの投入具合は「ことりのむーすけーき」以上に滑らか。サクッとスプーンが入るし、口どけもことりより上な感じで、舌の上ですっととろけて消えていく。いちご風味がやや強めなので好き嫌いが分かれるだろうけれど、味そのものはことりよりも上かもしれない。

いずれにせよ見た目、そして味わい共に、コンビニのスイーツとは思えない出来栄え。前にも触れたけれど同じようなコンセプトで羊さんも合わせ、むーす三兄弟的な感じで通期発売にしてほしいな、この品質なら。

↑ 「ことりのむーすけーき」の愛らしさにぞっこん
↑ 「ことりのむーすけーき」の愛らしさにぞっこん


「ことりのむーすけーき」の訴えかけてくるような目。これに勝てる人は恐らくいないはずだよ、いやマジで。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2015年2月27日 10:54に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「応募券、出したいけれども切るのもヤ」です。

次の記事は「ちょっと不幸だと見下して、かなり不幸だと同情するのはなんでだろう」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30