「zip」「rar」とか...検索候補で困ること

| コメント(0)


ツイッターのタイムライン上で紹介されている、あるいはぼかして語られている作品を特定し、具体的にどのような内容なのかをチェックするため、作品名を検索することはよくある話。その際、検索ボックス内に作品名を入れると、アンド検索の候補として色々な補足ワードが出てくるのだけど。

「ネタバレ」「pixiv」「amazon」とかはまだいいし、実際当方自身もそれらを使うことはよくあるので、別に気にしないし人によっては有益だろう。問題なのは「zip」「rar」などと言った圧縮の拡張子が並ぶこと。これ、間違いなく違法にコピーしたデータをまとめた場所を探すもので、ネットスラングの「zipでくれ」に連なるもの。あと、「漫画村」が並ぶこともある。

検索候補は基本的に自動展開されるもので、その内容も利用者全体における検索傾向を反映している。だからそのようなフレーズが並ぶということは、それだけ多数の人が違法なアップロードされたものを探していることになる。

そういう状況は分からなくもないのだけど、これって明らかに違法行為を助長することにもなるし、多くの人は不快感を覚えさせるもの。この辺りはどうにかならないものかなと思うこの頃ではある。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年10月19日 07:01に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「 いらすとやさんの貢献」です。

次の記事は「「新聞は 新聞記者の 同人誌」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31