いらすとやさんの貢献

| コメント(0)


新形コロナウイルスの検査を呼吸でやってしまおうという試み。精度とかコストはまだ未知数っぽいので(そもそも「解析システムを確立する」という表記)今後の進展に期待したいところではあるのだけと。指摘されているお話になるほど感。

いらすとやさんって結局のところ現状においては、もはやインフラ的な存在となっている感があるのだよね。しかも作り手にとっては時間短縮の効用は間違いなくあるし、統一感や的確さを併せ考えると品質の向上にも貢献しているのは否定できない。官公庁とかでもよく見かけるようになったけど、それは見方を変えると、これまではイメージカットとか説明用のイラストで結構難儀していた可能性が多分にあったということになる。

国民栄誉賞はさすがにオーバーかもしれないけど、何らかの公的な賞は提供してもいい、そういうぐらいの社会的貢献はしているという思いに嘘はない。ただよく考えてみると、この方面での表彰とか賞ってあったかな、という感じ。春秋褒章とかは......かえって大げさかな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年10月18日 07:57に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「本屋にとって救世主な「鬼滅の刃」」です。

次の記事は「「zip」「rar」とか...検索候補で困ること」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31