パソコンのドライブはなぜCから始まるのか

| コメント(0)


パソコンのハードディスクで容量を区切っているドライブは、Cから始まっている。個人的にはいつもCとDに2分して、あとは外付けのハードディスクで対応しているけど。で、アルファベット順に考えると、AとBが無くて最初がCってのは確かに異様に思える。もしかしてマザーボード内にAとBがあったりするのか、とか。

実のところはそういうものではなく、昔のパソコンの機器には外部記憶媒体としてフロッピーディスクというものがあり、それを入れてパソコンでアクセスするためのフロッピーディスクドライブがAとBに割り当てられていたまでのお話。ノートパソコンだとAドライブの1つしかないのが普通だけど、デスクトップでは大体AドライブとBドライブの2つあった(ただし一部の機種ではフロッピーディスクが無い場合、ハードディスクの中身がAドライブ指定されることもある。元々ABがフロッピーでC以降がハードディスク固定なのはPC/AT互換機の仕様)。

で、そのフロッピーディスク自身も知らない人も増えているので、こういう話になるのだろうなあ、というのはよく分かる。フラッピーとかケロッピーとかロッピーとかいうネタはともかく。

由来までは伝えられていない、知らなくても特にかまわないし、普段使いしている分には気にならないけど、ふと考えなおしたり指摘されると、確かに不思議だなということはある。アプリケーションでデータをセーブする時の四角いアイコンの話は有名だけどね(フロッピーディスクを模したもの)。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年10月13日 07:41に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「手書きでLINEを送るツール」です。

次の記事は「「預金の伸び率が過去最高更新、給付金滞留や個人消費抑制」の話」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年1月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31