欲しいものへのモチベーションが不意にすっと消える時

| コメント(0)


どうしてもこれが欲しいなとずっと思っているもの。そのモチベーションが不意にすっと消える時がある。実際に手に取ることができた時に消えてしまうのがよくあるパターンだけど、手にしていなくても何故か「もういいや」と別人28号的な状況に陥ることが。

指摘されている通り、これ以上欲しがり続けていると自分がおかしくなってしまうとか、無駄すぎるのではとか、費用対効果を考えるとこれ以上願望を持ち続けても手に入れた時の効用では採算が取れないのではないだろうかと考え、欲しいという願望そのものがすっと消える。自己安全装置が働くとは言い得て妙。熱狂から醒めると表現すべきか。

ただそれってこれまで投入していた物欲を放り投げるのに等しいことになる。要は損切りができるかどうかの問題。物欲は時間の上でもモチベーションの上でも有限だから、もったいないということに違いはない。

この辺りをどう割り切るか、割り切れるかが問題なんだろうな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年9月20日 07:17に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「アマゾンのお薬レビュー問題」です。

次の記事は「「国勢調査なんてイラネ」という粋がりをする人がいるけど」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31