アマゾンのお薬レビュー問題

| コメント(0)


口コミ効果や利用者からのダイレクトで素直な感想。さくらや嫌がらせなどの問題。商品へのコメントはいつもせめぎあい。医薬品に限れば、先のコンビニなどでの一部販売可能措置と相前後する形で、具体的な効用表記が明確にアウトになったことでも記憶に新しい(薬事法絡み)。自分で明らかに効用があったと思っても、それを書いてしまうとアウトとかね。効いた気がするとかいうのはもちろんダメ。そして先のWelq問題があって、薬に絡んだレビューはますます厳しいものとなっている。栄養剤とかサプリも然り。

で、今朝ちょっと調べ物があって色々と探っていたら、検索結果の一覧に違和感があり、キーワードを変えたところ気が付いたことが。アマゾンで第2類医薬品とか第3類医薬品に登録されている薬品が一律レビュー不可となっていた。しかも単なるレビュー不可ではなく、レビューのスペースそのものが無い。

恐らくは薬事法絡みで面倒なことになるぐらいならレビューそのものをカットしてしまえという判断なのだろう。色々と問題はあるだろうけど、個人的にはこの方が面倒がなくていいよね、とは思う。自分は素直に、うそをつかずに感想を書くと断じても、他の人も同様の姿勢を見せるとの保証はない。法的な問題があるのなら、トラブルへの対処をするぐらいならばトラブルそのものが起きないようにしてしまえばよいまでの話ではある。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年9月20日 06:59に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「別の視点から見た日本国債の保有者比率(2020年Q2まで)」です。

次の記事は「欲しいものへのモチベーションが不意にすっと消える時」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31