メルカリの物理的チラシが投函されていた

| コメント(0)


先日自宅のポストに投函されていたチラシ。ぱっと見で怪しい携帯電話のセールスかなと思ったのだけど、よく見てみたらメルカリ。説明にいわく、沢山の人が使っていて簡単に操作できるからメルカリを使って不要なものを売っちゃおうというアプローチ。「おうち時間」と銘打っているあたり、巣ごもり化に便乗した話のようにも見える。

単純にお金が余っているので物理媒体の広告展開にも積極的になったのか、新しい利用層開拓のためあえてネット媒体以外のものを使ってみたのか、あせりを覚えているのか、その実情は分からない。

いずれにせよ、メルカリの紙チラシでの広告が珍しく思えたことに違いはない。

一方で、今件のチラシとか、某ビビなんとかいうゲームとか、どこから広報費出してくるんだろうという感じで広告打ちまくっているけど、広告効果ってどれほどあるのだろうなと思ったりする。あるいは広告単価そのものがだだ下がりしているから大量投入できるのかな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年9月15日 07:44に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ながらスマホはダメ、ゼッタイ」です。

次の記事は「絵師のツイッターでのメディア展開」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30