「東京都の新型コロナウイルス感染者数のリークは無しになりました」とは

| コメント(0)


都道府県では一番人口が多いから、日本の首都だからというのもあるのだろうけど、新型コロナウイルスの流行以降、毎日のように東京都の感染者数が正式の発表前にリークされるという事案が続いていた。場中の発表は市場を混乱させるだけだし、リーク情報は当然中途半端で正確性にも欠けるので、色々な思惑や騒動のネタとなりかねない。情報を管理する側としては、何らかの思惑で意図的に流すという情報工作以外としては、アウト案件。

なんだけど、今件発言でリークが意図的に行われていたことが明確化されてしまった。つまり情報統制を意図的に崩し、社会を混乱させるような情報配信をやっていたことになる。リークがそういう結果を導くことはそれこそ幼稚園児でも理解できることなのに、今の今までそれに気が付かなかったのは、今の東京都の政務担当者は無能揃いか、あるいは混乱を意図的に起こすことを積極的にやっていたのかということになる。

そもそもリークは法的、規約的にどうなのか。口調から、むしろこれまでは推奨していたような印象すら覚える。情報の管理についてこれほどいい加減な考えを東京都の政務担当者が持っていることが、どれほど大きな問題なのか、当の議員先生は気が付いているのだろうか。

というか「定時発表に切り替えメディアへの事前リークは無しになりました」という発言を東京都の与党区議会議員が発する事の意味、どれほど理解しているのかな、と。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年9月 7日 07:58に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「あつまれ どうぶつの森」は日本国内だけでもすでに700万本以上売れている」です。

次の記事は「ソーシャルディスタンスを求めるアンクル・サム」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31