吉野家で肉だく牛カレー登場

| コメント(0)
『肉だく牛カレー』は、ご飯の上に牛肉をたっぷりのせ、吉野家の秘伝のたれで煮込んだ牛肉に最も合う味わいへと刷新したカレールウをかけた商品です。『肉だく牛カレー』で使用する牛肉の量は、これまで販売していた「牛カレー」と比較すると1.5倍になっており、吉野家の牛肉を存分に味わいながら、カレーも味わっていただけます。

吉野家のカレーは松屋のカレー同様、牛丼屋のステキナイスカレーとして有名ではあるけど、そのカレーに入っている牛肉の量が5割増しになるというお話。牛丼のつゆをたくさん入れるのをつゆだくとはいうけれど、肉だくというのは初めて聞いたな。一部では有名なのかもしれないけど。

で、写真を見ると松屋のカレーギュウのように、普通のカレーに牛丼の具材をもりっと乗せた感じなんだけど、これが肉だく牛カレーなのかな、それとも肉だく牛カレーに牛皿を乗せた感じなのかなと思って調べてみたら、間違いなくこの写真のままで肉だく牛カレーの完成版。この牛丼の具材が無いカレーは単なるスパイシーカレー。なかなか良いな、今回の肉だく牛カレー。

持ち帰りは可、というかむしろそれを推奨している雰囲気もあるので、機会があれば一つ持ち帰りで買ってみようかな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年8月 6日 06:59に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「8月に入ったら途端に夏らしくなった件」です。

次の記事は「「鬼滅の刃」になり切りたい人に」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30