8月に入ったら途端に夏らしくなった件

| コメント(0)
日本列島の広い範囲で気温が上昇し、名古屋では今年初めて最高気温が35℃以上の猛暑日となりました。全国で一番気温が高かったのは山梨県の勝沼と大分県の日田でいずれも36.7℃で、15時までに九州から東北にかけての60地点で猛暑日になっています。

7月中は長雨が続くどころか豪雨状態で、経験則からは今夏は超暑くて水不足になるのでは思っていたのだけど...という感じだったのだけど、暦の上で8月に入ったとたんに夏を思い出したかのように暑くなり、日々真夏日や猛暑日が多数地域で観測される状態。まぁ、夏が寒いとかいうよりははるかにマシではあるけど。「オリンピックがスケジュール通り開催されていたら涼しかったよね」というのも無かったことになりそうで。

ただ今年の場合、例の新型コロナウイルスの関係で夏休みが短縮されているところが多いし、日中もマスク着用が当たり前の状態となっているし、クールシェア的なものも難しくなっている。幸いにも記録の限りでは前回週までは熱中症による搬送者数は前年と比べて随分と少なくなっているけど、今後どうなることやら。

ともあれ、気候や自分の体調を正しく把握し、最善の手立てを尽くしてほしいとしか言えないですわな。経験則の限りでは8月中旬ぐらいまではこの暑さが続くので、今後一週間がこらえどころではある。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年8月 6日 06:51に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ゲーム機の音量を下げると感染症防止になる理由」です。

次の記事は「吉野家で肉だく牛カレー登場」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30