ゲーム機の音量を下げると感染症防止になる理由

| コメント(0)


恐らくはどこかのゲームセンターでの貼り紙だろうか。「新型コロナウイルス感染防止の為ゲーム機のボリュームを下げております」とのメッセージ。ゲーム機から発せられるゲーム音が新型コロナウイルスを広める音波として活躍するのだろうか。何か音波兵器みたいな話で、電波っぽくも読めてしまう。

ただ実際には指摘されている通り、ゲーム機の音そのものが新型コロナウイルスを広める役割を持つのではなく、「ボリュームが大きい」「他人の声が聴こえない」「大声を上げる必要が出てくる」「飛沫感染リスクが高まる」という流れ。だから、ボリュームを下げる事で、大声を上げなくても意思疎通が可能となるから、飛沫感染リスクを抑えることができるという塩梅。もちろんゼロになるというわけではないけど、

この貼り紙ができる、文面を理解できるってのは、感染症の実情をある程度理解しているということで、頼もしい話ではある。ぱっと見では電波っぽいようにも思えてしまうけどね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年8月 5日 07:46に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「お盆に帰省できないとヤバイ」ケースもあるけれど」です。

次の記事は「8月に入ったら途端に夏らしくなった件」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30