昔の検索エンジン

| コメント(0)


今からは想像ができないほど、ちょいと昔では多様な検索エンジンが群雄割拠状態にあり、日々成長と躍進を続けていた。検索する側の意図に合わせて使う検索エンジンを変えるなんてのも日常茶飯事。行く場所や目的に合わせて歩きや自転車、自動車、タクシー、バスと方法を変えるような感じだった。けれど今は実質的に検索エンジンといえばグーグル一択。ヤフーも中身はグーグルだし。

画一化されると便利になったようにも思えるけど、実のところは指摘もしているように、フェイクニュース問題やらコンテンツの精査技術の限界の露呈やらで、むしろかつての検索エンジン群雄割拠と比べて使い難くなっている面も少なくないのではという感は否めない。昔が大海で多様なお魚を採れる機会があったのに対し、今は養殖場の中でしか魚を採ってはいけないよ、という感じ。しかもその養殖場の中に居る魚の品質は保証されていない。「養殖場にいるのだから安全安心なはずだ」という大義名分でしかない。

寡占化、独占化は必ず弊害をもたらすことになる。よほどトップの人が善人でない限り。グーグルも「Don't Be Evil(邪悪になるな)」を捨てた時点で邪悪化してしまったのだろうし、それは寡占化に成功したからなのだろう。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年8月 3日 07:14に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「俺の指摘通りに修正すれば面白くなる」の真相」です。

次の記事は「新型コロナウイルスと新型インフルエンザ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30