「信長の野望・戦国群雄伝」のリプレイ、ひとまず終了

| コメント(0)


なぜようつべのサムネイルは大きく表示されないのだろうかという内輪的な話はさておくとして。昨日の里見義尭での打倒北条氏康プレイで、ひとまず「信長の野望・戦国群雄伝」の一発勝負的プレイ&動画作成はオシマイ。いくつかやってみたいネタはまだあるのだけど(徳川とか鈴木とか本願寺とか)、優先順位は低いので、封印。機会があればという感じ。

昔遊んでいた時のコツを思い返したり、プレイの中で気が付いた技を会得したりと、色々と巧みなテクニックを習得できたりしたのは嬉しいところ。まぁ、攻略本を作るとかいう話ではないのでアレだけど。

相場利用や焦土作戦、イナゴ攻めやランチェスターの法則の活用、人口ボーナスなどは、「信長の野望・戦国群雄伝」に限らず利用できるはず。あとは、コンピューター側の思考ロジックやアドバンテージを逆手に取る方法とかね。セコイという見方もできるけど。

次からは同じ信長の野望シリーズの次回の作品となる「武将風雲録」にアプローチの予定。九州から東北をカバーしているので、手掛けたかった大名がいくつかあるんだよね。スーパーファミコン版でプレイする予定なので、色々と「遊んで」みようとは考えている。ただ「武将風雲録」って「戦国群雄伝」と比べると、内政の意味合いが軽くなっていたような気がするんだよなあ...。武将の引き抜きとかが無茶ぶりではなくなったような記憶があるので、それは幸いなんだけど。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年7月12日 07:16に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「公共の電波を使うテレビや公的サポートを受けている新聞に「見なければよい」は通用しない」です。

次の記事は「キャラメル味とモンブラン味の豆乳飲料が出る」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31