「爆買い」とか「不気味」という類の感情的表現を報道記事の題名に使うこと

| コメント(0)


似たような話はこれまでに何度となく切り口を変えて紹介解説しているけれど、世の中からこれらの悪癖が消えることはなく、むしろ増えている感はある。引用元で指摘されている通り、論説やゴシップ記事などならともかく、報道記事の題名で感情表現を使うのは、それだけで記事としては失格なので、評価する価値もなく読むだけ時間の無駄と断じてもいい。事実を伝えるが報道なのであり、書き手などのお気持ちや思惑を混ぜる必要はない。

感情表現を使うのは「インパクトがあるので集客しやすい」「書き手のお気持ち表現をアピールしやすい」という理由からなのだろう。実際、編集や出版関係の人達も、しきりのこの類の表記方法をテクニックだのコツだのノウハウだのとして薦めてくる。その方が目立つ、アクセスが稼げる、注目してもらえる。

けれど報道記事としては不必要どころか邪魔、弊害でしかない。そもそも報道記事と論説やらプロパガンダとの境界線、理解してるかな? プレスとオピニオンは別物だ。

雑な例えだけど、Facebookではお馴染みの「スリル満点なパズルゲームの広告だけどゲームそのものは別物」とかちょっと前にウェブやツイッター上の広告で問題視された「R18的な要素満点のビジュアルの広告だけどゲームそのものは別物」と同じ方向性のものでしかない。


報道に求められているものは事実、公明正大な観点での情報。書き手のお気持ちやら意図やらは不必要。盛り込みたい思惑、気持ちは分からないでもないけど、要らないものを混ぜられて本旨が歪んでしまっては何の意味もない。普通のカレーライスを食べに来たのに、料理人が「自分は好きだから」「こういうものが流行っているらしいから」と勝手に納豆を乗せられたりワカメを混ぜられるようなものだ。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年6月29日 07:47に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ツイッターの詳細ウィンドウ機能が復活していた」です。

次の記事は「「Amazonセキュリティ警告: サインインが検出されました」というメール」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31