アマゾンのレビュー問題

| コメント(0)


確かに趣味系のアイテム、特にゲーム関連では、偏見に満ちあふれた批評というか難癖レベルのレビューを多々見受けることができるし、それは商品の問題では無くマケプレ業者とか配送業者の問題だろうという筋違いの話、さらには購入者自身の問題を転嫁しているものもあったりする。本質的にはアマゾンのレビューとてブログの紹介記事と何ら変わりは無いはずなんだけど、商品販売ページと直にリンクして、しかも不特定多数からの評価マークなどがついてしまうので、信ぴょう性の高い評論家・専門家の言及と同じように扱われてしまうってのが問題ではある。

口コミの問題点は、すべての参加者が善人であるという超性善説の上で成り立っているけど、実際には世の中そういうものではなく、むしろネガティブなスタンピードが発生しやすいのが実情。さらに人のモチベーションはポジティブよりはネガティブに大きなエネルギーが投じられやすいってこと。

結果としてレビューにはネガティブなもの、風評被害的なものが多く並ぶようになってしまう。一時期はそういうものに対して「違うそうじゃない」的な投票をすることもできたのだけど、それを悪用してまともなレビューをどんどんマイナス評価するムーブメントが生じたので、今では機能が外されてしまっている。

いわゆるvineシステムとか、先行購入者評価システムだっけ? 的なものも出てきてはいるけど、根本的な解決には至っていない。人の性だから仕方がないとは思うのだけどね。

それはさておき、というかそういう状況だからこそ、よいものに出会えたら積極的にアマゾンでも評価をしたいところ。ブログをやっていたりソーシャルメディアにアカウントを持っていたら、それとも連動する形でもりもりと。自分はよいと思ったので他人にもお勧めしたいな、という、あの素朴なハッピー共有希望な感覚を素直に文にしたためればいいだけのお話なんだから。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年6月28日 07:29に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「蚊取り線香の灰の等間隔事案」です。

次の記事は「東京都の新型コロナウイルス感染者数の「報道」が毎日のようにリーク情報として流される件」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30