緊急事態宣言は解除されたけど

| コメント(0)
安倍首相は感染者の増加スピードが再び高まれば「2度目の緊急事態宣言発出の可能性もある」と述べた。

めでたく昨日付で全国単位での緊急事態宣言が解除され、個人的にはレゴストアがいつ再開するのかなとか、出回り先のトイザらスが開くのはいつだろうかということにやきもきしているのだけど。それはともかくとして、今件の解除はあくまでも緊急事態宣言についてであって、新型コロナウイルスの流行が終わったことを意味しないという点に注意が必要。状況が悪化すればいつ何時でも、再び宣言が行われる可能性は多分にある。

当方個人に限れば、マスクはさらに発掘されて、むしろ消費するのが課題な状態にある。でもそれでも、ストックに値するだけのものが手に入るようなら買い増しはしておきたい。そして手洗い用の泡タイプの石鹸は事態が落ち着いたらある程度は揃えておきたいところ。今件で泡タイプの便利さを知ってしまったので、もう戻れない。

三密避けや手洗い・うがいなどの習慣づけなどは継続。マスクやアルコール系消毒関連の相応な備蓄は改めてしなければ、な。


恐らくは今回の宣言解除で、すべてが全部元通りと勘違いするスットコな人が少なからずいるとは思われるのだけど。実際のところ、3密避けは継続しているし、マスク装備もしなきゃならないのは言うまでもない。指摘されている通り、今日からすべて元通りなんていうドヤり宣言をしている人は、危機管理の観点で落第だから、色々と査定の上で役立つものではないかな、と思ったりする。「踏み絵」というのは言い得て妙。


あとは医療機関そのものにも要注意...というか、宣言解除されたから、病院でまただべくっていいんだ、的なことを考える高齢者が多分にいる可能性は否定できない。新型コロナウイルスの感染で閉鎖されてしまった直前に病院に足を運んだ当方のレポートをちょいと前に挙げたけど、普段の1/3ぐらいの来院客だったからねえ。またどっと戻ってくるのではという不安がある。

「緊急性が無ければすぐに受診するのは避けた方が良い」。これは緊急事態宣言中でも、解除後でも変わらない。ワクチンなり治療薬が開発されるまでは、ね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年5月26日 07:55に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「10代の流行語トップ3は「それなー」「詰んだ」「陽キャ/陰キャ」」です。

次の記事は「焼きそば味の一口パイとかよく分からないものが登場する」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31