焼きそば味の一口パイとかよく分からないものが登場する

| コメント(0)
不二家は、まるか食品株式会社(本社:群馬県伊勢崎市、社長:丸橋 嘉一、以下「まるか食品」)とコラボレーションした新商品を発売いたします。不二家のロングセラー商品「ホームパイ」と、今年発売45周年を迎えたまるか食品のロングセラー商品「ペヤングソースやきそば」の、夢のコラボレーションです。


バター香るひとくちサイズのホームパイに、ペヤングソースやきそばをイメージしたソース味のパウダーをふりかけて仕上げた新感覚スナック


食品のコラボは新たな可能性を切り開くものとして歓迎したいし、インパクトがあるものが実は結構美味しかったり新たな世界へのいざないとなったりするので油断はできないのだけど、パイ菓子に焼きそば味というのはどこをどうやればその発想に至るのだろうかという不安すら覚える。ビジュアルもパイというよりは豚の角煮という感じ。

これ、ソースが別添えというわけではなく、ソースの袋風の小袋ということで、多分にウケを狙っているのだろうなとリリースの詳細を確認したら「友達や家族と一緒に食べたりSNSで共有することで、楽しいコミュニケーションが生まれるきっかけになることを想定」「「おいしさ」と「楽しさ」の発見をしていただきたいと思っています」とあるので、やはりウケが優先なんだろう。

決して悪くはない、個人的には大好きなものではあるのだけど、やはり問題は味わい。ちょっと想像がつかないんだよね。ソース味のパイ菓子とか、いったいどういうものになっているんだろう。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年5月27日 06:57に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「緊急事態宣言は解除されたけど」です。

次の記事は「中古ゲームショップの勘弁してほしい所業」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年11月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30