レナウンが民事再生手続き開始、上場廃止へ

| コメント(0)
東証1部上場の(株)レナウン(TSR企業コード:295833440、法人番号:6010701015232、江東区有明3-6-11、設立2004(平成16)年3月、資本金184億7106万460円、毛利憲司社長、東証1部)は、子会社の(株)レナウンエージェンシー(TSR企業コード:291357725、法人番号:8010701021765、同所)により民事再生手続きを申し立てられ、5月15日、民事再生開始決定および管理命令を受けた。管財人には永沢徹弁護士(永沢総合法律事務所、中央区日本橋3-3-4)が選任された。

昨日夕方に突然入って来たネガティブサプライズな話。株価を確認したら随分と低迷していて、半ば予定調和な感じではあったのだけど、知名度の限りではやはり驚いたことに違いは無い。解説もしておいたけど、ここ数年大きな上場企業が業績面でコケたという話はあまり聞かなかったし、ねえ。

それにしても今件、記者会見は18時ぐらい? からで報道もその辺りから入っていたのだけど、公式サイトや東証でのIRでの告知は結局20時半になってから。随分とどたばたしたっぽい感はある。こういうのは大抵金曜の場が引けた直後、あるいは17時からで、発表と同時にリリースも流すようなものだけど。


ただ、解説には書かなかったし、他のコメンテイターもコメントしていない状態ではあるのだけど(当方は肩書が無いとか専門家のアレが云々というツッコミが入るので止めただけだけど、他の専門家が触れていないのは残念)、新型コロナウイルスの影響云々は最後の一歩的なものでしかなく、去年の消費税率引き上げやら記録的な暖冬で大きなダメージを受けていたのに加え、中華系の親会社の紹介的な形で取引をしていた、その親会社の別子会社との間における売掛金が回収できずに貸倒引当金繰入額53億2400万円を計上したのが直接の死因......みたいなものっぽいんだよね。これで半死状態になって、今まで無理やり命をつないでいた、みたいな。

そもそもあの国は独裁国家ではあるし、商慣習とか常識がまったく別物なのだから、まともにビジネスをすることがすでにリスキーであるってのが、どこまで認識されているのだろうか。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年5月16日 07:01に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「分かりやすく面白ければよいというわけではない」です。

次の記事は「マクドナルドのハッピーセットの新作は「仮面ライダーゼロワン」「かわいいどうぶつのぬいぐるみ」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31