マスク狂想曲

| コメント(0)


新型コロナウイルス関係で需給バランスが崩れて一時的な供給不足に陥っている代表的なアイテムとして挙げられるのがマスクとトイレットペーパー。マスクは仕方が無い面もあるけどそれにしては需給のバランスの崩れ方が変だし、トイレットペーパーに至ってはそんなに需要が増えることはないじゃん、パニック買いじゃん的なところがある。で、それらのアイテムに関しても、ようやく正常化の兆しが見えてきた。

トイレットペーパーは先日お伝えした通り、さくさくと手に入るようになってきたし、そもそも1つセットを手に入れれば数週間単位で持つのだから毎日同じ人が並ぶ必要はない。先日出先の薬局の扉にも、マスクもトイレットペーパーも入荷しない・入荷予定は未定的な貼り紙だったのが(貼っておかないとしつこく問いただすお客様がおられるようだ)、マスクやトイレットペーパーなど主要不足品の一覧と、その名前の横にステータスが書かれているリストに変わっていた。

コンビニでも入荷未定云々から、一人一点までの個数制限が書かれた札がぶら下がっている状況に変わっているので、入荷そのものはしているらしい。


一方で今回のトイレットペーパーやマスクなどの不足状況の少なからずにおいて、高齢者の過剰買いが影響しているのではないかなと推定できる話は山ほど。当方も何度か目撃しているけど、多分にその感はある。平日は10時とか11時開店で、就業者はその時間に足を運ぶわけにはいかないし、並んでいるのはオトシヨラーな人たちが多分。しかもイベント感覚で楽しんでいる感が強い。さらにはお薬の貯め置き同様に、マジックアイテム的なものと思い違いをしているような気がする。

不安ガーお気持ちガーと反論するかもしれないけど、そのお気持ち充足のために他人に実害を与えてしまっているのではたまったものではないのだがな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年3月25日 07:49に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「幼稚園」5月号に公衆電話の玩具が登場」です。

次の記事は「定額給付金の経済効果」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31