ドアノブ経由での感染を防止するアイテム

| コメント(0)


指摘されてみれば確かに職場やお店のドアノブは不特定多数の手が触れる場所だから、誰か自覚症状は無いけど感染している人が触っていたら、ドアノブ経由で移ってしまうリスクはある。手袋を使うなりして開ければいいんだけど......。

ということで考えられたのがこのウデノブ。ドアノブにつけることで腕をひっかけてドアの開閉ができるという。正直なところ行儀のよいものではないのだけど、状況が状況なだけに仕方が無い。3Dプリンターを使ってさくりと作れて使えるのはありがたい。


こちらもネタとしては以前から上がっていたけど、ドアを足にひっかけて開け閉めできるようなアタッチメント。これならさらに安全...ではあるけど、特定の開閉方法をするドア以外は、やはりドアノブ部分を動かす必要があるので、足だけでは不十分だったりする。

世の中、なかなかうまくはいかないものだ。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年3月25日 07:13に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「シャープがマスクの生産を開始、3月下旬から出荷」です。

次の記事は「「幼稚園」5月号に公衆電話の玩具が登場」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31