未確定・推定情報を確定情報として報じる朝日新聞

| コメント(0)


先日の【「日本は5倍負担を」はうそでした、てへぺろーな話】で触れた、朝日新聞の誤報の件。そこでもちらりと言及したけれど、謝罪文に書かれていた誤報に至るまでのプロセスを読み返すと、朝日新聞の報道体質が非常にマズいものになっているのではないか、その暴露になっているよね、という感は否めない。

正体が明かせないような存在への取材で得られた不確定な、しかもその情報自身ですら日本向けのものであるとの確証もないにもかかわらず、当人が語った数字であるかのような確定情報として報じている。そしてそれを正すのに半年も時間がかかっている。

思い返してもらえば分かるのだけど、韓国に対しては4倍とか5倍という具体的な数字が出ていたんだよね。この値を対日本のものと誤解したのではというのが当時から指摘されていたけど、恐らくはそうなんじゃないかな、という可能性がさらに高まる形となった。

ともあれ朝日新聞はあれだけ世間を大騒ぎさせた報道記事に関して、このような姿勢で取材をして報じたことを明らかにしてしまったことになる。一事が万事ではないけれど、朝日新聞の他の記事も似たようないい加減で記者が推定した話を、確定事項として報じてしまっているのではないか、と疑ってしまうのだよね。

さて実情はどうなんだろう。全世界は知らんと欲す。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年2月25日 07:55に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「病院船に関するまとめ」です。

次の記事は「ヤクルトのセットにマスク付く時代」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31