年度末に向けて在庫処分セールスの時来る、のかな

| コメント(0)


先日の出回り先で見かけたシーン。キン消し(キン肉マン消しゴム)の箱入り版が山積み状態でたたき売り。棚の奥の方まで入っていて、すべて1つ10円。全部で12セットぐらい陳列してあったはず。後から考えれば全部買い占めた上で開封して精査し、レア的なものを買取業者に引き取ってもらえば利益はそれなりに出たかもしれないけど、数が多いので引き取り不可扱いにされるのは必至だし、そもそも面倒くさくてやってられないのでパス。

年度末が近づいてくるとこの類の場面に遭遇する機会が多くなるので、色々と楽しかったりする。どんなものがあるのかな、とかお宝を見つけることができるかもというどきわく感的な。


下の方にちらりと見えていたのは、妖怪ウォッチのメダルセット。こちらは1つ30円。もっともキン消し以上に市場では余剰状態だったようで、買取不可レベルの状態になっていた。ネタとして買ってもよかったのだけど、そのネタ的アイテムを整理処分している状態で、さらに増やすのはアカンのでパス。

つわものが夢の後、という感じなのかなあ、と。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年2月13日 06:52に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「有事に報道や有識者がいかなる姿勢で「職務」を果たすのか、役に立つ存在として区分してよいのかを確認できる良い機会」です。

次の記事は「ベビースターラーメンのパンが出るらしい」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年2月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29