「ゲーム依存」にかかわる調査の話

| コメント(0)
厚生労働省は6日、ゲーム依存症対策関係者連絡会議の初会合を都内で開催した。経済産業省や内閣府など関係府省の課長級に加え、オンラインゲームの業界団体や医療関係者らが参加。ゲームのし過ぎで日常生活に支障を来す依存症の実態把握や対策の在り方を議論し、情報共有する。


世界保健機関(WHO)は昨年5月、ゲーム依存症を疾病として認定。厚労省が11月に発表した実態調査結果では、10、20代の約12%が休日に6時間以上ゲームをしていることが明らかになった。


先日の某県でのゲームプレイ時間規制条例案の話もあわせ、子供のゲームプレイ時間に法的な縛りを大義名分付きで設けてしまおうという動き。そもそもWHOの話自身、法的規制を求めたものだったっけというツッコミはさておき。

この話に出てきた調査って以前も話題に上ったはずだけど、その時にはデータそのものは見当たらなかったんだよな、と。


色々と探し出してようやく調査結果のデータの全部を見つけることができた。依存症対策全国センターとか普通はわからんだろ。

で、依存症とか色々言われてるけど、元記事の解説でも言及の通り、そもそも論としてゲームの時間として挙げられた値が、ながらのものなのか集中してのものなのか明確化されていないので、単純に時間加算で考えていいのかってのが問題。また、デジタル系ゲームということだから色々と注目されているけど、子供の遊びの様式が変化しただけではないのかな、という感もある。不健康だからゲームなんてしてないで外遊びしなさいという意図ならば、保護者側は相応の環境整備を、少なくとも保護者が子供だった頃の理想とイメージしているぐらいの場を提供すべきではないか、と。

平日にしても数時間って値は、ゲームのみに注力したものだろうかというところもあるし。

確かに睡眠不足で健康を害したり、宿題などの勉強を怠けたり、ストレスで乱暴になったりするのは問題だけど、それを立法で縛り付けるのは筋が通らないような気がする。無論現状を踏まえた上でガイドライン的なもの、教本を設けて、保護者に教え諭すというのが正しい筋道ではないかな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年2月 7日 07:49に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ガリガリ君の新作はピスタチオ味」です。

次の記事は「ギョーザ購入額日本一は宇都宮市に」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年2月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29