テレビ局の一職員が有識者のように振る舞いそれをそのように報道するおかしさ

| コメント(0)
#0 玉川徹って最近よく新聞記事で見かけるようになったけど、単なる一介のテレ朝社員だろ。なんでここまで持ち上げられて意見力があるように扱われるのか分からない


使い捨ての弾除けですわ。明らかに左に偏り過ぎて、公平公正というTV局の前提を崩してしまってるジョーカー。お上から怒られたら左遷される駒。まぁそれをまた表現の自由を奪ってるとか騒ぐ為の仕込みとも言える


引用元でも指摘されているけど、最近ポータルなどのニュース集約サイトのヘッドラインなどを見ていると、どういう肩書、専門家なのか分からない人の名前が繰り返し、まるでその筋の専門家であるかのように取り上げられ、報じられる機会が少なからず見受けられるようになった。あまりにも頻繁に登場し、その言及内容が確かなものであるかのように報じられるので検索確認すると、一介のテレビ局の職員でしかないというオチ。

コメンテイターであろうとキャスターであろうと、テレビ局内の職員の一人でしかなく、そこには有識者や確証ある裏付けを持つ者としての裏付けなど一切ない。仮に何らかの形で経験を有していたとしても、局の一構成員である以上、局から独立してその経験や肩書、資格にあった言及をすることなどありえず、単なる演者、番組を構成する道具の一つでしかない。にもかかわらず独立した専門家であるかのように報じられる。おかしいよね。

こういうやり口がさりげに浸透していくのを見るに、そしてそれがこういう構造だというのを知ってしまうと、ますますその類の番組自身はもちろん、それを伝える報道内容、さらにはそれを是とする報道媒体そのものに疑いの目を向けたくなるし、内容の信憑性に首を傾げたくなるのだよね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年1月20日 07:15に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「特典とか描き下ろしとかは勝手に上げちゃダメよ」です。

次の記事は「お薬手帳は「利権ガー」と騒ぐ筋」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年2月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29