商品のトラブルが購入後同じような日数経過後に生じる理由とは

| コメント(0)


今使っている充電池内臓式の電動歯ブラシの調子がおかしくなったら、電池式のに買い替えようかと思い、色々と検索していた時のこと。基本性能はばっちりで変なメーカーでも無く、これでいいんじゃないかなという商品のレビューでおかしなことに気が付いた。使っていくうちになかなかスイッチが入らなくなる、動かなくなる、さらにはボタンを何回も押してようやくスイッチが入るようになるなどのコメントがいくつか見受けられる。一方でそういうトラブルはまったくないよとの話も。

トラブルの様式としてはありがちだけど、なんか違和感もあると読みなおしたところ、どうもトラブルが生じる期間は購入後一定時間を置いてからというのが共通点。もしかして......と普通に使える、問題ないというレビューと比較したところ、電池交換についてトラブっていた方はまったく触れられていないことが判明。

これ、本体の異常ではなく、最初について来た試験用の電池が切れただけじゃないのか?


先日の水洗トイレのスイッチにおける電源不要システムじゃないけど、どんなに小さな電気機器でも基本的に何らかの電源を必要とする。あまりにも小さいものだったりすると、それを忘れてしまいがちなんだな。指摘されているシャワートイレのリモコンもそうだし、自動車のキーリモコンでもよくある話。

故障かな まずは電池を 見てみよう といったところかな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年1月19日 06:58に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「セガポシェットにねこ如来様に仕事猫現場なラバーストラップ」です。

次の記事は「キリ番ゲットとか来場者100万人記念ぐらいの意味」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年2月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29