「現実世界にNPCはいない」

| コメント(0)


RPGでは街中の人込みは皆が皆NPCで、どれほどプレイヤーが理不尽な行為をしてもにこやかに応対してくれるし、決められたサービスを絶え間なく同じ品質で提供してくれる。リアル化を目指して品切れとか偏屈なリアクションをせせたりすると、プレイヤーから文句が来ることもしばしば。

けれどこのような状況はゲームの世界の中だからこその話であり、現実世界にはNPCなどいないし街中のサービスは黙っていても永劫的に同じ品質を維持してくれるわけじゃない。誰かが意思を持った上で応対し整備しなければ、現状維持すら難しい。

インフラ系をはじめとした社会を支える存在を、ゲーム感覚でシステム的なものとしてとらえ、神が与えた恩恵で人は関与していない的なイメージで見ていると、扱いが雑になる。図書館の本を自分のものではないからと雑に扱う、そんな感じかな、と。

いやあるいはその類のは、「自分一人が狼藉を働いたところで影響は生じないだろう」「自分のものじゃないから乱雑に扱っても損はしない」という複合技による結果なのかもしれない。そうだとしたら、単にNPC扱いをしているよりもたちが悪いのだけどね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年1月22日 07:11に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「のりたま好調中華は不調」です。

次の記事は「公共施設は利益を上げる必要は無い」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年2月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29