紅茶のアドベントカレンダーという発想

| コメント(0)


残念ながらアマゾンなどでは見つける事が出来なかったのだけど、発想としては最強レベルのアイテムで、自社製品の販促にもつながるステキナイスなものに違いなく。

アドベントカレンダーってのはクリスマスをどきわくして待つためのイベントアイテムのようなもの。12月のカレンダー(大体はクリスマス当日分まで)の日付ひとつひとつに何らかのアイテムが入っていて、毎日一つずつ該当日のものを開けて色々と楽しみながらクリスマスの到来を待つというもの。日めくりカレンダーのプライズ付きってところかな。

今件の場合、それぞれの日付に違う味の紅茶が入っていて、毎日異なる味わいを楽しむことができるという。それだけでもオシャレなのに、それがアドベントカレンダー方式になっているとか、もうオシャレイズムフルマックス。

単純に日々のカレンダーめくりを楽しめるだけではなく、自社の多様な商品を試飲してもらい、今後の常連客につなげることもできるという賢さ。

このコンセプト、他にも色々なメーカーが使えそうだよね。例えばチョコとか。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年12月 6日 07:04に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「保存アイコンがフロッピーでなくなったという話」です。

次の記事は「柿の種とピーナッツの比率論争、一番人気は7対3」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30