ツイッターの長期間放置アカウント削除の件

| コメント(0)


先日の【ツイッターの「休眠アカウント削除」の件について】にもあるように、ツイッターの長期間利用痕跡がないアカウントの削除の件は、結局のところ故人のアカウントの対処機能を実装するまでは留保するということで落ち着いたようで、想像した通りの機能が考慮されることになりそう(【Twitterが「休眠アカウント」の削除措置を取りやめ、「我々のミスだった」】とか)。申請そのものを厳格にしておけば、それほど容量を食うわけでは無いし......というか申請手続き周りを構築するのなら、早いところ認証アカウントの申請も再開してほしいものだ。

ただ、使っていないアカウントを削除するという基本方針そのものは変更がない模様。これは他のSNSでも導入していることなので、何の不思議もない。銀行口座と同じようなもの、と例えれば理解はできるだろう。

一方で、一連のお話にはちょいと違和感があるのも事実。多くの方は肝心なことを忘れているようだけど、いくらアカウントが維持されても、ツイッター自身が無くなったらオシマイなのだよね。とりあえずツイッター自身は財務的な危機状態に関しては脱しつつあるようなので、近々で危ないという可能性は無くなったけど。

これって例の「情報を保全するためのツール」の問題と類似している。ツイッター周りでも例えばTwitpicが無くなったってのが良い例だよね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年11月29日 08:02に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「報道から取材を受ける時の絶対必要事項」です。

次の記事は「ハートの形の雪見大福なんてシャレてるよね」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31