アカウント名とプロフィールのフラグ

| コメント(0)


無論これがすべてというわけでは無いし、入っていても純粋な意味でアレな存在として扱わなくてもよい場合もあるけど、フラグとしてチェックをしておいた方がよいフレーズとしては、結構よい線を言っている感じがする。「近現代史」ってのは初めて目にしたけど。あとは類似で「社会学者」「社会学」辺りもデンジャーワードかな。

プロフィールなりアカウント名に自分の名前やハンドルネーム以外のものを書く場合、特にハンドルネームでは、その要素を積極的に第三者に開示して自分と紐づけしてほしいとの思惑がある。同人作家が自分のスペースをアカウント名に添え書きするのが好例。

そう考えると、その場所に列挙されているフレーズがあるってのは、色々とマズいだろうなあとの結論にはすぐに至れるはず。なぜそのフレーズを使っているのか、その人の性質が透けて見える。最近は絶滅危惧種化したけど「億り人」とかいうのもあったよね。「まだ●×で消耗してるの?」とかさ。「人生が変わりました」ってのも危ないかな......ってあれだ、怪しげなマルチビジネスとさほど変わらない。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年11月 7日 06:29に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ビジネスクラスは贅沢ではなくセキュリティの問題」です。

次の記事は「「社会を変える」の意気込みを持つ報道はいつの間にか「社会を自分の思う通りにしてやる」に」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30