今年の冬も節電要請は無し

| コメント(0)
2019年度冬季の電力需給については、全国で電力の安定供給に最低限必要とされる予備率3%を確保できる見通しです。この結果を踏まえて、数値目標付きの節電要請は行わず、例年どおり、省エネなど無理のない範囲での節電の協力をお願いします。

かつては本家サイトでも詳細を精査していた、夏と冬の電力需給ピーク時における節電関連のお話。最近はあちこちやりくりをすることで何とか最低限必要な予備率を確保できることになったため、要請の類はなくなったのだけど、予備率のラインが3%とか結構際どい形になっていることに違いは無い。

今冬からは本州と北海道との連系線が増強...というか別途追加されたことで、60万kWから85万kWに増えたため(本来は90万kWの容量だけどエリア外からの年間契約調達があるので5万kW分は最初から供給されていることになっているのだそうな)、ある程度の安定感は出るようになったけど、大規模電源脱落時のリスクがゼロになったわけじゃない。やはり原発でリスクヘッジが必要だと思うのだけど。ああ、北海道における冬の節電要請が無くなったのは、震災以降では2019年度が初めてなのか。

状況が変化したためこの辺りの話も語られなくなってしまった雰囲気だけど、電力需給の問題や、震災以降にお騒ぎ組がどのような騒ぎをしでかしたかはしっかりと記録し、覚え置く必要がある。同じ事を何度でも繰り返すだろうからね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年11月 7日 06:03に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「異常に気が付いたらすぐに対応、機械も身体も」です。

次の記事は「ビジネスクラスは贅沢ではなくセキュリティの問題」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30