世紀末は1999年ではない

| コメント(0)


もう昔話のレベルになってしまうけど、ノストラダムスの大予言の影響も多分にあって、20世紀の終わり、世紀末は1999年だという印象が強かったのは事実らしい。実際、世紀末関連で検索すると、西暦としては1999年が結構出てくる。

けれど実際には20世紀は2000年までで、21世紀は2001年から。この辺り、時系列のデータを取って区分する時に、やもすると勘違いしてしまうので注意が必要。

で、昔のゲームの中に、1999年をネタにした世紀末云々というゲームソフトがあったのが目に留まる。これ、印象的には確かにこの方がインパクトはあるのだけど、20世紀が何年かまでをちゃんと知っている人なら、違和感がありまくりだよねえ、という。

こじ付けとして、「世紀末は1年きっかりじゃないから、2000年の1年前の1999年も世紀末っていってもいいじゃないか」ということなのかもしれない。けど、例えば11月を年末とは言わないよね。

当時、このゲームのタイトルを付けたメーカーはどんな気持ちだったのかなあ、と思ったりもする。ちなみに発売は1992年9月とのことで、世紀末まではあと8年ぐらいあったわけだ。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年11月 9日 06:57に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「かつてのクラスメイトからの突然の連絡」です。

次の記事は「ミスドでピカチュウなドーナツたち」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30