ラジオ聴取率と台風19号

| コメント(0)


突然わけのわからないことを聞いてお前は何を言ってるんだと突っ込まれそうだけど。先ほど本家サイトでアップした【首都圏のラジオ平均聴取率5.2%、高齢者は平日で9.0%(2019年10月度版)(最新)】などのラジオ聴取率の定期更新記事。実のところ2019年10月分はイレギュラーな値が出てしまっている。複数の切り口で数字が跳ねて聴取率が上がってるんだよね。

何か無茶苦茶面白い番組が始まったとか、タレントがラジオ聴こうぜ的な運動をしたのかという話も聞かないし、単なるイレギュラーなのか、それとも何かあったのか...ということで探してみたところ、行き着いた可能性がこれ。

今回分の調査は年10月7日(月)~2019年10月13日(日)に実施されている。そして台風19号は10月12日に日本に上陸している。普段ラジオを聴かない人でも、台風情報、災害情報を調べるためにラジオを引っ張り出して聴いたという人も少なからずいるのではないかな、そういう仮定ならばこの跳ね返りの値も説明ができる、と。

普段ラジオを聴いているか否かと合わせて、今回聴いたかどうかを尋ねているので、いくぶんややこしい設問になってしまったけど、現状では普段は聴かないけど今回聴いたという人は14%、普段聴いているけど今回聴かなかった人は12%、差し引きで2%は底上げされている計算になる。

実のところツイッターの投票は精度の上では今三つぐらいなので信ぴょう性は無きに等しいけど、可能性をほんの少しだけ高めるぐらいの効用はあるかな、と。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年11月12日 06:56に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「謎肉丼が再降臨」です。

次の記事は「お客がリアタイでお弁当の在庫を確認できるようにする方法」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31