「欧米ではいじめが無い」という話

| コメント(0)


インターネット、特にソーシャルメディアの普及で、海外在住の方による強弁放言虚言で自分の立ち位置の底上げとか小銭稼ぎビジネスが一気に浸透したようで、いわゆる出羽守な方々が情報を混乱させていることに違いは無い。元々言われていた話ではあるけど、先の大統領選挙で現地の方々によるお語りが、決定的な裏付けとなった感はある。自分の思い込みとか信奉とか、自分の狭い周辺領域での話に過ぎないやん。

で、その出羽守な方々が「日本ではいじめが酷い、欧米ではいじめは犯罪だから日本のような陰湿ないじめはお縄になるから存在しない」ってのを語っていて、それに対するツッコミが。

出羽守ラーが「欧米にはいじめが無い」と強弁すると確かにそうかも、と思い込んでしまうかもしれないけど、指摘にある通り、ちょいと思い返してみれば、洋画や海外の小説でも、いじめの描写はごく一般的に行われている。それらはすべて作り話で、実際の社会には全く存在しないんだという強弁を続けるなら、時折伝えられてくる凶悪な犯罪事件のきっかけでもいじめがトリガーとなっていたってのが多々あるよねってツッコミでジエンド。日本でも容易にその類の情報は取得できるし、むしろ知らない方がおかしいのではと思うのだけど。

出羽守って、実はかえって何も知らないのでは、という感想すら出てくるのだけど、どうなのだろうね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年10月29日 08:01に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「京都市のステマの話」です。

次の記事は「「FOMA」「iモード」のサービスが2026年3月末で終了」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31