歯磨き粉をちょっと変えてみたら

| コメント(0)


元々電動歯ブラシを使うようになってから歯磨き粉の消費量が減って、あまり種類は気にしていなかったのだけど、どの道どれも効用に違いは無いだろうってことで薬局で100円前後のを適当に購入していた、歯磨きの際の歯磨き粉。先日機会があって、宣伝などではよく見聞きする薬用の歯磨き粉シュミテクトを入手して使い始めたのだけど、何で今までこれを使っていなかったのかと後悔することしきり。

一日二日で劇的な違いが出てくるわけでは無いのだけど、使い続けていくうちに確実に効用がじんわりと分かってくる。どの道消費量は微妙で一、二か月で1本分ぐらいしか使わないのだから、その程度のコストで歯や口内のリスクが少なからず減らせるのなら、単純な費用対効果の観点でも、健康維持の上でも、メリットがありまくりすぎる。

当方、元々遺伝的に歯が弱いので、こういうものを使って可能な手は打っておくべきだったんだけどなぁ、と治療の痛みを思い出しながら。早速本日、アマゾンで追加注文をした次第。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年10月21日 06:47に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「活動家の活動の意味」です。

次の記事は「保温肩あての使用を開始」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30