活動家の活動の意味

| コメント(0)


純粋に自己陶酔とか、心底から自分は正義で神の啓示を受けた正しい所業をしているだけでそれを世間に知らしめることでより多くの同意者を得られ救われることだろうと考えている筋もあるのだろうけど。一方で指摘されているように、既存構成員の先鋭化・精錬化を意図しているものもあるのだろうな、と。

要は活動によって勧誘できれば御の字だし、できなくても既存組織の先鋭化が図れる。けれども、そういう手法でいきつく先は日本赤軍、あさま山荘。分からない人は検索しよう。


先日のロンドンでのこんな事案がまさにそれ。活動家本人は「使命」をより強固に認識する狂信者になるに違いない。そしてこの活動を見た人のうち何人かは、同意を示し、活動に参加するようになるかもしれない。要はテロと同じなのだよね。

もっと具体的にいえば、前世紀の鳥の名前を付けた狂信的新興宗教団体と構造は同じ。先鋭化の度合いと、方向性がほんの少し違うだけのお話。

別の記事でも言及したけれど、活動家と呼ばれる界隈は得てして、活動目的のためならばどのような所業でも正当化してしまう。そこには社会一般の常識も倫理も人間性も無い。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年10月20日 07:47に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「献血の話」です。

次の記事は「歯磨き粉をちょっと変えてみたら」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30