「スーパードッグワールド」とかアートディンクのプレビューディスクとか

| コメント(0)


連休ということで書庫的な部屋から色々と資料取り出し。保存状態が悪くて数箱ゲームソフトが箱ごと駄目になった(湿気にやられてカビだらけで復旧不可能)けど、大体精査とクリーニングは出来た次第。

どうも海外製のは箱が軟弱で劣化しやすいとか、国内でも大手はあまり劣化していないけど小さなゲームメーカーのはCDもパッケージも劣化しやすいとか、大手でも某社のはプラスチックスが随分と傷んでいるとか、材質の良し悪しがかなり明確に出たりする。


再生端末がもう無いので基本は処分するしかないのだけど、プレビューディスクの類とか、メジャーじゃないけどしっかりと作られたスーパードッグワールドとかハイリワードの類は、今の環境でも遊べるようにしてほしいなあと思ったりする。EGGプロジェクトには一部あるようだけどね。ファミコンなどのカートリッジ形式のものなら今でもイージーなんだろうけど......ってセーブ部分の電池が問題か。


ゲーム系の専門誌も。実は取り出す箱を間違えて、ふたを開けたらなんでやねん、という感じ。複数種類のがあるけど、残すか、破棄するか色々と考えどころ。できることなら全部残しておきたいけど、場所の問題があるからねえ。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年9月17日 06:56に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「1円玉の悲しみ」」です。

次の記事は「ビデオテープの劣化」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31