ケーブルと電源はケチったらダメ

| コメント(0)


実のところどのようなものでもケチると相応の報いがあるので、コストカットをするのならダメージを受けてもいいような、元々使い捨ての類だと割り切れるようなものに限定すべきという結論に落ち着くのだけど。

とりわけ電源回りとケーブルはコストカット云々と称していい加減なものを使っていると、何倍ものコストが求められるし時間も浪費してしまうし、さらにはもっと大切なものまで失いかねない。要は命綱的なものを100均で買ってくるようなものだ。まぁ、例えばキーボードとかマウスならすぐに置換はできるし、そこから火を噴くってことも想定できないので、割り切るってのはありなのかもしれないけど。

そしてさらりと挙げられているけど、今のアマゾンはマケプレ業者の暗躍をアマゾン自身が止められない状態となっているので、よほどの通でない限りはIT系の機器に手を出すのは危うい。デジカメのバッテリーなど純正品と書いてあるのにコピー品だったりするからねえ。メル●リかよ、みたいな。確かに、自分で直接ショップにおもむいて買うか、そうで無ければビッグとかヨドバシでの購入でないとコワイ。


下手をするとトラブルの原因が(通常ではありえない)機器にあったりするからね。「通常では」ってのは結局、自分が想定している品質が維持されているというのが前提で、実情としては怪しいマケプレなどのものはそれに値しないって場合が多々ある次第。

安かろう悪かろうという言葉があるけど、それが許容されるのとされないのとがあるってこと。数百円を節約した結果、数万円と余計な労力を浪費することになるのは、賢くない選択に違いない。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年9月 9日 07:55に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「自称中級者が全能感を持ってイキり出す理由」です。

次の記事は「台風一過でキツい残暑」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30