「さつまいもド」って読みにくいよね

| コメント(0)
ミスタードーナツでは、今回の調査にて全国のスイーツファンの8割以上が食べたいと回答したさつまいものドーナツ「さつまいもド」5種類を9月6日(金)より全国の店舗にて発売します。この度発売します『さつまいもド』は安納芋パウダーを使用した、ほんのり甘いしっとり食感のドーナツです。今回の生地は、ドーナツのおいしさはもちろん残しつつ、さつまいもの味と食感を限りなく近づけられるようにこだわった新開発生地です。まさに、とても「#イモイモしい」ドーナツに仕上がりました。 また、「さつまいもド プレーン」は温めて食べていただくことで生地がしっとりからほくほくに変化します。しっとり派かほくほく派か、ぜひ食べ比べてみてください。

アンケートの結果云々はともかくとして、粉物スイーツにサツマイモを使うってのは、実のところ大正解。独特の甘みが粉物特有の口当たりと絶妙にマッチするのだな。似たような話としてはかぼちゃがある......というか練り物にしてしまうと、さほど変わりは無いのだけど。

ミスドのドーナツでさつまいも的な食感が楽しめるとあれば、一度はチャレンジしてみたくなるもの。というかいくつかはそのまま定番アイテムとして残してもいいんじゃないかな。ウケはいいと思う。ただ、読みにくいのが難点だな。せめて「さつまいド」とかにしてほしかった。

ポン・デ・リング生地をチョコレートでコーティングして、包帯に見立てたホワイトチョコで線がけをした「チョコレート・ミイラマン」や、オールドファッションをホワイトチョコでコーティングし、カラースプレーをふりかけた「ボーンボーン・ホワイト」など、計6種類をご用意しました。さらに、今年は"にこにこ♪"や"プンプン!"など9種類の"目玉"をご用意し、1つのドーナツでいろいろな表情のドーナツを楽しんでいただけるようにしました。

同じ日から展開されるのは、お馴染みのハロウィン向けアイテム。個人的印象ではあるけど、今年は例年と比べて随分と大人しい感はある。種類もデザインも色合いも。まぁ、美味しさはむしろ今年の方がいいかな、という気はする......というかアレか、さつまいもドと被っちゃったのでセーブするかたちになったのか。

でもそれだったらたとえばかぼちゃドってのを作ってもよかったんだじゃないかな。上でも書いたけど、練り物にしてしまうとさつまいもとかぼちゃって大きな差は無くなるからさ。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年9月 5日 07:34に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「吉野家の切り札はこれか? 月見牛とじ御前登場」です。

次の記事は「お問い合わせを仕事の依頼代わりに使うパターン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31