「俺の時代では●×しなかった」が科学的・論理的に否定できる内容ならば

| コメント(0)


以前問題視された大学授業料とアルバイトの賃金の関係がいい例なのだけど、自分の成功体験を頑なに信じ込んで永久不滅の絶対テンプレ的に認識してしまうと、往々に老害な存在となってしまう。周辺環境が変化すれば、世の中の仕組みや効率的な選択肢は容易に変わるし、科学や技術の進歩によってできなかったことが可能となれば、よりよい選択肢も変化を見せる。当方もかつて入院中だった時に、入院のさなかに病症の対応方法の概念が大きく変わって首を傾げるということもあったぐらい。

今年はいくぶん過ごしやすかったと表現できるけど、夏の暑い時に「昔は教室にクーラーなど無かったから今においてもそれを求めるのは甘え」「昔はスポーツ中に水を飲まなかったから、今においてもそれを求めるのは甘え」的な話をしてくる方がいる。しかもたちの悪いことに、それなりの発言力や肩書、経歴を持つ人たちが。結局成功バイアス的なものにとらわれてしまっているのだろうな。


むしろ他人に指示できる、権威を持って語ることができるような年になったら、このように現状を見極めてもっとも正しいと思えるようなことを、たとえそれが自分の時には常識ではなかったものだとしても、語れるようになりたいものではある。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年9月 1日 07:04に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「テレビや新聞などのメディアにモノを貸してはいけない」です。

次の記事は「ジャンクフードの計算された完成美」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31