テレビや新聞などのメディアにモノを貸してはいけない

| コメント(0)


幸い当方は他人様に披露できるような逸品を所有しているわけではないのでこの類の話はないのだけれど、趣味や仕事で滅多にないものを持っている場合、このような依頼は結構ある。そしてこれまでも実のところ色々とあったのだろうけど、SNSの発達で不特定多数に向けた情報開示が個人ベースで行いやすくなったため、メディアのやらかしが把握・共有されやすくなった次第。

実際にやっているのは制作会社だ、制作会社は予算が足りないから仕方がない云々という反論も耳にするけど、どこがやっていようと管理責任の問題もあるし、予算のある無しは借りる側の都合であって貸す側の問題ではない。予算が無いからただ食いしてもいいのか、工賃を払わず強制ボランティアで働かせてもいいのか、という話と同じ。


趣味や模型界隈という指定はしているけど、実のところはそれに限った話では無く、どのような物品でも原則的にメディアへの貸し出しは断った方がいい。何をされるか分かったものでは無い。もしどうしても借りたいと懇願してくるのなら、事前に何らかの損失を与えた場合は上限無制限で相応の賠償を即時支払うとの確約を文書の形で取り交わすことをお薦めする。しかもそれも替えがある物品の場合限定。

被害を受けて後悔してからでは遅いのだよね。最初の引用では「想定外なこと」と言及していたけど「馬鹿はな んな馬鹿なってことを平気でやるんや 常識捨てなあかんで」という名言もあるのだからね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年9月 1日 06:52に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「辞書を持っていても調べて活用するのには知識が必要」です。

次の記事は「「俺の時代では●×しなかった」が科学的・論理的に否定できる内容ならば」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30