情報の紐づけの容易さ

| コメント(0)


インターネットは非常に便利な存在だけど、見方を変えればそれは情報の本質が大きな変化を遂げたことを意味する。キーボード経由で色々な場所の多様な情報を探れるようになったから。一人暮らしをしていても、実家の様子をグーグルマップとかライブカメラでさくりと確認できるし、過去のあれこれを履歴やらデータベースで検証することも可能。

そして一度ネット上に流れた情報は、基本的に回収することはできない。大元の情報を削除しても、無数にコピーしたものは流れていく。SF漫画などではbot的にそれらのコピーされた情報まで逐次削除していくウィルスを作れる的な話もあるけどね。技術的には可能かもしれないけど、現実問題としては不可能に近い。多様な媒体、様式に自動転換された情報なのだから。

なので、個人的な情報、さらにはそれに結び付きそうな関連情報は、取り扱いを慎重にしなきゃならない。自分が知っているその情報は、誰もが知っている公知情報であるとは限らない。そういうものを世間一般に流していいのかどうか、よく考える必要がある。

ちょっとした特定情報が、ずるずると芋づる式に、本来はスポットライトを浴びられると困るようなものに結び付けられてしまうことがある。だから、そういう情報の取り扱いは慎重にする必要がある。個人名とかね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年8月28日 07:25に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「他人との連絡方法とかコンビニでの夜の買い物とか」です。

次の記事は「トランプ大統領の朝日新聞記者とのやりとり」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31