今年の情報通信白書が面白い

| コメント(0)


記事的な分析はもう少し後の話になるのだけど、先日発表された情報通信白書が大変面白いことになっている。いや、毎年面白い内容ではあるのだけど、今年は令和最初でもあるし、IT系技術が躍進した平成の総括的な意味合いも持たせているようで、資料性が極めて高いものとなっている。これだけで数千円のお金は取れるレベル。

この年表なんて、後々まで色々と使いこなせそう。少なくとも事実精査にはすっげー役に立つ。


今年の白書では検証系の話も多い。SNS絡みでどのような情報伝達が行われているのかとか、いかなる現象が生じるかとか、これだけを読んでいても数日は時間を潰せそう。エコーチェンバーとかフィルターバブルとか、フレーズは聞いたことはあるけど、具体的にどのようなものを知るためにはもってこい。


そして毎度おなじみの携帯電話料金の国際比較。同一条件での比較ではないので、参考値以上のものでは無い。

一方で、海外同様に安かろう悪かろう的なものを出してもいいのでは、との意見もある。ある意味では格安スマホがそのポジションだし、他方そういうものを作っても、一般の形態と同じ品質でないとクレームが殺到するのは目に見えていると思うので、実現は難しいのかもなあ、と。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年8月19日 07:15に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「フロッピーディスクはもう使えない」です。

次の記事は「ゾル的なアイススラリーのポカリは実在する」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30