毎年この時期に出る「新発見」

| コメント(0)


当方自身はもうテレビを見ない状態で長年過ごす形となっているのだけど、毎年終戦記念日近くになると、戦争関連の新発見とか新事実とか真実というフレーズがバーゲンセール状態となった番組なり特集記事が展開される。テレビなどは観なくても番組の宣伝や、番組へのツッコミで大体実情は把握できるのだよね。

で、恐らくは以前からこういうことは生じていて、最近になってよく指摘されるようになったのは、結局のところ可視化されるようになったからなんだろうな、と思う次第。確かに番組やら特集記事としては、新しい発見とか真実とかいうフレーズを使った方が、注目は集まるしお金をゲットしやすい。インスタント系食品とか健康食品で、よくリニューアルして新発売ってやるのも、多分にそれが影響している。

食品ならば別にいいんだけど、テレビ番組だの記事のようなコンテンツでは、新とか真実などのフレーズに見合わない実情が多々あったりする。指摘されているような焼き直しとか現場が知らなかっただけってのはまだいい方で、間違っていたり、スットコな所見の持ち主を太鼓持ちする形で紹介するような内容になっていたりもする。


既存の事実をしっかりと見つめ直し、見せ方を変えたり、分かり易くしたリするだけでも、よいものはできるはず。それをせずに安易に適当な新事実をでっち上げたり、スットコな傍流の仮説をさも正しいかのように伝えるのは、新・真を使えば容易に人気が出るというテンプレに取りつかれている、楽をしようとしているからなんだろうな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年8月12日 07:18に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「韓国の合計特殊出生率が2018年時点で0.98」です。

次の記事は「国家公務員の給与引き上げでいきがる市議会議員とは」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31