「注目記事」が過去の話だった時、ぷんぷん丸になるよね

| コメント(0)


これはニュースサイトに限らず報道系のサイトとか新聞社サイトでもありうる話で、注目の記事とかラインアップされていて、お、こんな話があったのかとクリックしてみると、数年前の話だったりする。時々ソーシャルメディアで数年前の記事が突然話題に上って何でだろと思う事もあるのだけど、こういうトラップに引っかかってしまった結果なのかもしれない。

「注目記事」云々はアクセス数で単純計算されているのかもしれないけど、内部的にやんちゃなことをして調整しているのかもしれない。どちらにせよ、過去の記事の場合はそれが一目でわかるような工夫を願いたいものだ。タイムスタンプなどを記事タイトルに含めるとかね。

多分にアクセス稼ぎ的な要素、ぶっちゃけると半ば騙すような形でもアクセスを集めたいという思惑があるのだろうけど。せめて「注目されている過去の記事」的な表現をしてほしい。


似たような思惑だろう表現にはこんなこともある。大げさに書いた方が注目はされやすい。特にタイトル部分ではとにかく客引きが大切だから云々ってのが大義名分として正当化されている。

でもこれって麻薬と同じで、読み手側が慣れてしまってどんどん効果は薄くなるし、胡散臭さも底上げされてしまうのだよね。困ったものではある。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年8月 7日 07:18に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「主要たばこが値上げ。メビウスは480円から490円に」です。

次の記事は「日清から完全栄養食なる中華麺が登場」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31