他人の演説中にヤジを飛ばして妨害する行為

| コメント(0)


先の参議院議員選挙での話。この類の主張が相次いでいたので、どうなんだろうなあ、ということで。決められた場所での演説は選挙活動の一環に他ならず、それを妨害する行為というのは妨害者にとっては言論の自由との主張も可能かもしれないけど、それ以前の問題で、選挙活動の妨害でしかないという感は否めない。そしてそのような行為を肯定するのは、自らの肩書をすり減らしている、悪用しているように見えてしまうのだけどね。

選挙妨害をする人は社会に対する悪であり民主主義の敵。そして、それを肯定する人もまた悪であり、民主主義の敵に他ならず、と思うのだよね。裁判中とか授業中に、言論の自由があるからという理由で、騒ぎ立てて妨害することに正当性はないのだよね。

異論があるのなら、自分で場を設け、正当な状況下でそれを述べればよい。他人の演説中にヤジを飛ばして妨害するのは、いかに罪深く、恥ずかしいことであるかを、もう少し理解してほしいものだけど。

まぁ、動向次第では単なる選挙妨害としてだけでは無く、テロ行為のリスクを考慮した上での防犯措置が取られる場合もあるのだけど。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年8月 1日 07:52に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「相次ぐ虚報とその否定と」です。

次の記事は「バイト情報誌「an」が11月で終了」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31