ツイッターやFacebookで中国の組織的な情報操作が確認される

| コメント(0)
- 米ツイッター<TWTR.N>とフェイスブック<FB.O>は19日、中国が香港の抗議活動を弱体化させるため、偽のアカウントを使ったとして批判した。両社は、国家が支援する中国本土からの情報操作をできないようにしたと明らかにした。

香港での事案に関して中国が国家レベルで情報操作をしていることが、Facebookとツイッターの運営側から確認ができ、対応措置をとったという話。フェイクニュースだのファクトチェックだのと大騒ぎしている界隈が、今件についてはあまり動きを示していないのはちょっと気になるけど、ツイッターのリリースが取得できたので、それをざっと読んだところ、どう考えても無意識な集合行動の類では無く、国家によってコントロールされたものだなというのが分かる内容。

ツイッターは中国側からブロックされ、原則的に中国内からの情報発信は不可能なんだよね。そして今回指摘された該当アカウントの多くはVPN経由だったのだけど、一部は中国本土でブロックしていないIPから発信されていたとのこと。なぜ穴のあるIPが存在しているのか、その辺を考えれば以下略事案だったりする。

中国って大戦時のドイツと同じく、独裁国家なんだよね。そのような国が現在に存在すると、どのようなことをしでかすのか、容易に理解はできるはずなんだけど。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年8月21日 06:51に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「食券」のボタンのカプセル玩具」です。

次の記事は「東京練馬・光が丘のクラフトパークの閉店話」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30