「悪口でバズる」の猛毒性

| コメント(0)


ウェブマンガのプレート広告と同じかな、という感のあるお話。R18的な香りのするものとか身近なあるある話的なネガティブな方向性の対象の話は、インパクトが強く、あるある感による共感性の魅惑もあり、ついつい見入ってしまうし他人にも広めたくなる。創作だったとしても作るのが容易だってのもポイントが高い。マックの女子高生量産モード。

けれどその即効性のお薬的な物を多用していると、いつしかそれ無しでは生きられないようになってしまう。それを望むのであれば別に構わないのだけど、望んでいないのにいつしか毒性の強いお薬に取りつかれてしまった、なんてことになったらさあ大変......ああ、これってお酒とかたばこと同じだわ。

本質的にはご近所のおば様同士の井戸端会議に近いものがある。けれどツイッターなどは利用ハードルが低いしいつでも使えるし、バズった時の報酬に相当する注目度はケタ違いのものとなるから、中毒性も強いのではないかな。と。

要注意、要注意。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年7月16日 06:51に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「議員への暴行事件を「売名行為」と公式アカウントでツイートしてしまい、それを「アカウント乗っ取られてましたー」と説明するテレビ局」です。

次の記事は「片付け未達なソフトと、再封印なソフトと」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年2月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29