テレビアナウンサーのアバター化という発想

| コメント(0)


テレビのアナウンサーが半ばルックスで判断されているという話に対し、だったらそのルックスに手が加えられるように、合成化してしまえばいいじゃないかな、そうすればアナウンサーとかニュースキャスターとかコメンテイターは、少なくともルックスで判断されるということは無くなるよね、という指摘。

激しく同意であると共に、ラジオではすでにそれが半ば実現している(アイドル化している人もいるし、声や喋り方だけで中身を検証されずに持ち上げられる人もいるけど)ような気がする。また、アニメ系ならすでにそうだし、海外ではそういう概念のキャスターがいたはず。さらにいえば、今流行りのバーチャルユーチューバーって結局のところ、このコンセプトの行き着く先だよね、という感じはある。だからある意味、バーチャルユーチューバーは報道メディアの最先端かもしれない。

見た目で判断される、買われる、評価されるってのは、一つの本質とか才能を買われているってことで、それ自身は悪くない。ただ、そのコンテンツで必要とされているのはキャスターのルックスなのか、ニュースや解説そのものやその分かりやすさ・正しさなのかという点で考えると、本来評価されるべき点とは別のところで良し悪しが決まってしまうってのはやっぱり理不尽。数学の試験を受けているのに、美人だから合格、そうで無いから失格とか言われたらおかしな話だよね、と。

もう少し技術が進めば、普通のニュースをアバターが読み解いて、そのアバターの中の人の本質が問われる、評価されるっていうのが当たり前になる時代も来るかもしれないなあ、と。コンセプト的には被り物をしているようだけど、本物の人間と何ら変わりは無い、というところだな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年6月10日 07:15に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「自然エネルギーへの転換とか」です。

次の記事は「ナイル印というスナック菓子」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30