「航空輸送禁止」が貼られた荷物の中身はレゴ

| コメント(0)


先日届いた中古のレゴ。これから洗浄をしなきゃなあと思いながら箱を見てびっくり。「航空輸送禁止」とかどでかいシールが貼ってある。当方はレゴだと分かっているからいいけど、応対した郵便局の人はどんな思いをしていたのかと思うと複雑な気分のはんぺん。当方はわるいスライムじゃないよ。

で、郵便局の関連ページを調べてみたけど、該当しそうなものは無い。石油製品だから可燃性物質扱いされたのかもなあ、いや、レゴってそもそも燃えたっけ、高熱にさらせば溶けるだろうけど。


こんな指摘を受けて納得した次第。確かに単純なおもちゃとか玩具だけだと、電池の有無が分からないものなあ...というかちゃんと「レゴ:電池無し」とか書けばいいまでの話やん、と思ったりもするけど。

この辺は送付元の情報認識次第なのかなあ。まぁ、今回は急ぎのものでなかったからいいんだけどね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年5月17日 06:51に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ライブドアブログとモバイルファーストの功罪」です。

次の記事は「単純作業職の求人倍率と職の二極化と」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31