既に内定率が半数突破という話

| コメント(0)
就職情報サイト「リクナビ」を運営するリクルートキャリア(東京)は15日、2020年卒業予定の大学生の就職内定率は、今月1日時点で51.4%だったと発表した。17年卒の就職活動で現行日程になってから過去最高。前年同時期は42.7%だった。人手不足で企業が採用に前のめりの状態が続く中、今年は10連休があったため、多くが内定出しを早めたのが主な要因。

もう厚労省の内定率データが出たのかと驚いたけど、今件はリクナビのデータでしたとさ、というオチ。とはいえ、大きな差は出るはずもないので、恐らく早ければ週末にでも出るであろう厚労省側のも同じような結果になるのではないかな。

それにしてもこの時点で内定率が半数超えってのはスゴイなと思ってよく読んでみたら、イレギュラー的な要素が二つ。一つは経団連の指針で解禁日が6月1日なので、現時点では非加盟企業のみとなるから、人手不足が顕著なITなどの情報サービス系や中小が多いとのこと。ただ中小企業が数の上では大半だからねえ。

そしてもう一つは10連休という空前の連休があったので早めに内定を出したところが多かったというもの。多分に調査のタイミングも影響していたわけだ。

とはいえ、それらの要素も次の調査では影響が無くなるため、むしろ厚労省の話も合わせ、次回の内定率に注目が集まる、はず。ただすでに内定率は天井状態なので、統計的なぶれが生じることで前年比ではマイナスになる可能性も多分にある。そしてそのような場合にのみ、報道は大騒ぎするんだろうな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年5月16日 06:17に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「韓国で2017年から2018年にかけて、民主主義が進んだ、満足しているという自国の人が思いっきり増えた実情」」です。

次の記事は「フリーな人には定期的なメンテナンス期間が必要」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31